About Takaakira 'Taka' Goto

東京のインストゥルメンタルロックバンドMONOのリーダー、作曲家、ギタリスト。

MONOは1999年に東京で結成、活動18年目。海外進出を最も果たしたアジアのトップバンドとして、世界中からオファーが後を絶たず、毎年150本以上の公演を行っている。北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど、年間の半年以上は海外での活動がメインとなっている。最近では日本人バンドで初めて、スペイン領カナリア諸島のグランカナリア島へ招聘されるなど、海外55ヶ国以上で演奏している。国内の音楽業界でトライしても達成が難しいと言われる日本人アーティストの海外進出という方法を、既存の邦楽業界が持つマーケティングシステムやコネクションなどを用いずに、実力のみで成功したバンドとして、インディペンデント界のカリスマとして現在も確固たる地位を築いている。

MONOの音楽に観客の多くは、『想像を絶するほどに美しく、激しい楽曲』『ライブパフォーマンスに圧倒され ”人生が変わるような経験”』と評し、”世界最高のライブバンドの一つ”とされている。またイギリスの音楽雑誌NMEでは”神の音楽”と称された。

1999年に結成してからこれまで通算9枚のオリジナルアルバムと、2009年にアメリカのNYCで開催された、Wordless Music Orchestraとの共演によるフルオーケストラ公演を収録したLIVE CD/DVDの合計10枚を、これまでにワールドワイドでリリースしている。MONOがリリースされたアルバムは、世界各国で注目され続け、権威ある音楽サイトやレビューサイトで世界のトップアーティストとして高く評価されている。

2015年には、Takaが個人的に録りためていた未発表の音源を集めたアルバムを ”Classical Punk and Echoes Under the Beauty”というタイトルで、ヨーロッパのレーベルPelagic Recordsより、Takaakira’Taka’Goto名義にて、初の日本人ソロアーティストとして全世界リリース。(※ 日本国内はMagniphより発売)

2016年、ソロ・プロジェクト『Behind the Shadow Drops』を立ち上げる。

オリジナル・サウンド・トラックやコンポーザーとしての広がりを含めた楽曲制作を行う場として、MONOとは異なる世界観を持ったエレクトロサウンド を取り入れたスタイルをアプローチしている。2016年よりグローバル展開されているアートプロジェクト、ピエール・エルメと現代美術家のニコラ・ビュッフェがコラボレーションしたインタラクティブ・ノヴェル『 太陽と月の王国のものがたり』のグローバルサイトに楽曲が起用される。このグローバルサイトが、2016年にフランスの広告賞「Epica Awards」”オンラインキャンペーン・ラグジュアリー” 部門にて銀賞を受賞。

Behind the Shadow Dropsの1st アルバムは、2017年にワールドワイドリリース。

Endorsed by




Artist History

Discography

MONO - Hey, You (2000, EP)
MONO - Under The Pipal Tree (2001)
MONO - One Step More And You Die (2002)
MONO - New York Soundtracks (2004/Remix Full-length)
MONO - Walking Cloud And Deep Red Sky, Flag Fluttered And The Sun Shined (2004)
MONO - Memorie Dal Futuro (2006/EP)
MONO - Pelican / MONO (2006/Split)
MONO & World’s End Girlfriend - Palmless Prayer / Mass Murder Refrain (2006)
MONO - You Are There (2006)
MONO - The Sky Remains The Same As Ever (2007/DVD)
MONO - The Phoenix Tree (2007/EP)
MONO - Gone: A Collection of EPs 2000-2007 (2007/Compilation)
MONO - Hymn To The Immortal Wind (2009)
MONO - Holy Ground: NYC Live With The Wordless Music Orchestra (2010/Live CD+DVD)
MONO - For My Parents (2012)
MONO - Kanata (2013/Single)
MONO - The Last Dawn/Rays of Darkness (2014)
MONO - Trascendental (2015/EP)
Takaakira 'Taka' Goto - Classical Punk and Echoes Under the Beauty (2015)
Takaakira 'Taka' Goto - Good Night (2016/Single)
MONO - Requiem For Hell (2016)
MONO - Live In Melbourne (2017/Live)
Takaakira 'Taka' Goto - Sukiyaki - Inori (2017/Single)
Behind the Shadow Drops - H a r m o n i c (2017)
MONO - Nowhere Now Here (2019)

Filmography

MONO:
"Snow Angels" 2007 United States: Feature Film (Director: David Gordon Green)
"All God’s Children Can Dance" 2008 United States: Feature Film (Writer: Haruki Murakami, Director: Robert Logevall)
"Kanata No Ko" 2013 Japan: WOWOW Original TV Drama (Director: Tatsushi Omori)
"Wildlike" 2014 Canada: Short Film (Writer & Director: Frank Hall Green)
"Where We Begin" 2015 Japan: Short Film (Writer & Director: Mitsuyo Miyazaki)
"Real Onigokko" 2015 Japan: Feature Film (Director: Sion Sono)
"Ray Donovan: Ep 406" 2016 United States: Showtime Original TV Series (Creator: Ann Bidermann)
"The 4th Company" 2016 Mexico: Feature Film (Director: Mitzi Vanessa Arreola, Amir Galván Carvera)

Behind the Shadow Drops:
"The Story of the Kingdoms of the Moon and of the Sun" 2016 France/Japan/England: Global Website (Creator: Pierre Hermé & Nicolas Buffe)

Awards

MONO:
2015 "Idyllwild International Film Festival: Marshall Hawkins Best Musical Score" (Short Film: Where We Begin)

Behind the Shadow Drops:
2016 "Epica Awards: Online Campaigns - Luxury Silver" (Global Website: Pierre Hermé x Nicolas Buffe "The Story of the Kingdoms of the Moon and the Sun")

Awards Nomination

MONO:
2017 "Ariel Award for Best Original Music Score" (Feature Film: The 4th Company)

Releases

Sukiyaki - Inori
2017, Single

Good Night
2015, Single

Classical Punk and Echoes Under the Beauty
2015, Full-length